MENU

2017年 秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキングを発表

楽天トラベル、2017年 秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキングを発表


– 1位は2年連続で山梨県石和エリア –
楽天株式会社
PRTIMES https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000140.000021228.html
旅行予約サービス「楽天トラベル」 ( https://travel.rakuten.co.jp/ )は、「2017年 秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキング」を発表しました。果物狩りが含まれる宿泊プランについて、9月1日(金)~ 11月30日(木)の予約人泊数(=予約人数×泊数)を集計した結果、1位は昨年に続き山梨県の山梨・石和・勝沼・塩山エリアでした。


2017年 秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキング

無題


 

2年連続で1位を獲得した山梨県の山梨・石和・勝沼・塩山エリアでは、同県が収穫量全国1位を誇る、ブドウの果物狩りが人気です。10月下旬まで体験できるブドウ狩りでは、巨峰をはじめ、山梨県特産の甲斐路やロザリオビアンコ、甲州ワインの原料にもなる甲州など、時期によってさまざまな品種がとれます。このエリア内の宿泊施設では、農園までの送迎サービス付きの宿泊プランが充実しています。

2位は、福島県の福島・二本松エリアです。福島市の西側、吾妻連峰のふもとを走る「フルーツライン」と呼ばれる県道5号線沿いには、多くの果樹園が点在し、8月下旬から10月上旬にはナシ狩り、9月中旬から10月上旬にはブドウ狩り、10月上旬から12月上旬にはリンゴ狩りが楽しめます。フルーツラインにほど近い飯坂温泉の宿泊施設では、農園への入場券や送迎が付き、季節の果物狩りと温泉を一緒に楽しめる宿泊プランが人気です。

3位の北海道の定山渓エリアでは、札幌市内中心部から車で約50分の「定山渓ファーム」での果物狩り付き宿泊プランが好評です。21ヘクタールに及ぶ敷地ではさまざまな果物が作られており、9月下旬から10月下旬までは、ブドウ、リンゴ、プルーン、プラムなどの果物狩りができます。また、自分で収穫した果物を使ったジャム作り体験などのアクティビティも楽しめます。

────────────────────────────────────
2017年 秋の果物狩り旅行が人気のエリアランキング 概要
────────────────────────────────────
集計日: 2017年9月27日(水)
集計方法: 「狩り」のキーワードを含む宿泊プランにつき、以下の宿泊期間の予約人泊数(=予約人数×泊数)を算出し、エリアごとに集計(果物狩り以外は除外、2宿以上で予約実績があるエリアのみ)
宿泊期間: 2017年9月1日(金)~ 11月30日(木)

楽天トラベルFacebook https://www.facebook.com/RakutenTravel/
楽天トラベルInstagram @rakutentravel
楽天トラベルアプリ https://travel.rakuten.co.jp/service/smartphone/

Copyright © Taabel. All Rights Reserved.