MENU

9月20日「もっと魚を食べよう」シンポジウム開催

9月20日「もっと魚を食べよう」シンポジウム


産経新聞社

魚食の活性化を目的に、産経新聞社と全国漁業協同組合連合会、大日本水産会で構成する「SAKANA&JAPAN PROJECT推進協議会」が9月20日(水)にイイノホール(東京都千代田区)で開催するシンポジウム「もっと魚を食べよう!~日本の魚食の今とこれから~」(後援・水産庁、東京海洋大学、協賛・日本水産)のパネリストが決まりました。司会は元ニッポン放送アナウンサーの松本秀夫氏。楽しく魚食について考えましょう!

シンポの第1部では、服部学園理事長・服部栄養専門学校校長で医学博士の服部幸應氏が料理家の観点からどうずればもっと家庭で魚をおいしく、楽しく食べられるか、ヒントを教えます。魚の優れた栄養的価値や世界遺産になった「和食」における魚の重要性や文化的価値についても語ります。

服部幸應氏

第2部のパネルディスカッションではパネリストとして全国漁業協同組合連合会代表理事専務・長屋信博氏、大日本水産会専務理事・重義行氏、水産庁水産政策審議会委員・食育専門家・浜田峰子氏に加え、東京海洋大学学術研究院食品生産科学部門教授・岡﨑惠美子氏、イト―ヨーカ堂鮮魚部シニアマーチャンダイザー・井上浩一氏が決定しました。

司会はニッポン放送「ショウアップナイター」など野球実況で人気を博した松本アナが担当。祖父が築地の仲卸業者だった影響もあり子供の頃から魚に親しんできたうえ、趣味は釣り、サンケイスポーツにて釣りコラム「オフは釣り三昧」を連載中という根っからの魚好きです。

現在参加者を募集中です。ふるってご応募ください。


【開催概要】
日  時:9月20日(水)午後1時開会
場  所:イイノホール(東京都千代田区内幸町2-1-1)
参 加 費:無料
定  員:500人(応募多数の場合は抽選)
内  容:挨拶 水産庁長官 長谷成人氏
基調講演「おいしく、楽しく もっと魚を食べよう!」 服部学園理事長 服部幸應氏
パネルディスカッション「日本の魚食を救え! 私たちができること」ほか


申し込み

住所、氏名、電話番号、年齢、職業、参加人数を明記し、はがきは〒100-8697(住所不要)日本郵便銀座郵便局JPタワー内分室 私書箱2165号「SAKANA&JAPAN PROJECTシンポジウム」係まで。ファクス(03-6862-9908)、インターネット(https://37sakana.jp/symposium/)からも応募可
締め切り:9月15日(金)必着
問い合わせ:シンポジウム事務局(電話03-5843-6984、平日午前10時~午後5時)

Copyright © Taabel. All Rights Reserved.